荒川CR 現状視察

2011 年 3 月 22 日 コメントはありません

2011/3/19

地震も落ちついてきたところで、荒川CRの現状を見てきました。

堀切からCRに入り、秋ヶ瀬方面に向かい少し進んだところ。特に地割れなどなく走行には問題ないようです。途中、FitteのK本さんや、りっちゃんさん、ギルさんとすれ違います。皆さん、積極的に走っていますが、やはりローディーはいつもより少なめの印象です。

笹目あたりでRaphaのチャリティーライドからの帰りの同じSFIDA チームの @ogumama_san @oguma920 さんご夫婦と遭遇。十八番の愛の架け橋体操を披露してくれました。本当にいつも仲の良いご夫婦です。

外環道路から先のタコの吸盤ポイントは綺麗に舗装されていました。写真は帰り道です。

同じく帰り道ですが、外環道の直下は何故か砂利道が残っています。たったこれだけの距離なんだから一緒に舗装してくれれば良いのに。

秋ヶ瀬橋手前の一般道に出る手前で折り返すことにします。

17号線の戸田橋あたり?で橋桁の修理しているようです。今回の地震での影響はここくらいかな。これも今回の地震と直接関係あるかどうかはわかりませんが。

 

その先の運動公園でお気に入りのSAVASの羊羹タイプで補給休憩します。

Edge 800はある程度重量があるのでMr.Controlを2つ組み合わせて補強したのですが、見た目はイマイチだな。

日本経済を回すためにランチは外食。北千住のチャイヤイで久しぶりのカレー。 トムヤムクンスープ(何と100円)付けて温まりました。リーズナブルでいつも美味しいお店です。

南千住のたい焼きの名店「浪花屋」で締め?です。

今回の検証で荒川CRを走る分には問題ないことが実証されました。色んな大会が自粛中止となっていますが、止まってばかりもいられないので、これからもどんどん練習はしていこうと思います。

翌日の新木場編に続く。

カテゴリー: サイクリング タグ:

安否

2011 年 3 月 12 日 コメントはありません

食器などが割れるなどの被害はありましたが、家族ともども無事です。

We are alive.

カテゴリー: 未分類 タグ:

Bluetooth Wireless keyboard

2011 年 2 月 14 日 コメントはありません

ELECOMから発売されているBluetooth キーボードを購入してみました。
キーボードフェッチとしては初のBluetooth キーボードをテストしないわけにはいきません。その名もELECOM TK-FBP013EWH。名前の中のEはEnglishのEでいつも使用している英字配列を選択することができます。

詳細はこちら

ヨドバシカメラ上野店でワゴンに乗っているところを見つけ、定価8400円が確か5600円前後の投げ売り状態。であればとAmazon調べてみると3750円で売っています。

来るiPad2襲来に向けソフトキーボードは使いにくそうなので漠然と欲しいと思っていたところ、すでに新しい後継機は発表されていますが、特に現行商品でも問題ないため即1-click go。

まだiPad2の現物はないのでiPhoneにつないでテストします。

ペアリングは裏面にあるON/OFFボタンをON側にし、CONNECTボタンを押し、画面に表示されるパスワードを打ち込むだけ。

すでに接続しているワイヤレスオーディオレシーバーの下に表示されました。驚くほど簡単です。

日本語と英語の切り替えはそれぞれスペースキーの横の英数キーとかなキーで行います。

■使用感
キートップの質感の無さは望むべくもありませんが、せっかくの英語キーボードなのに右のShiftキーが小さくなってしまい、押しづらいのは残念ポイントです。また、変換候補が表示された際、Tabで移動できると良いのですが必ず変換キーに割り当てられているスペースキーを打たなくてはいけないのもちょっとなーと思ったのですが、これはどちらかというとOS側の問題かな。

自分は手が比較的大きいのでiPhone では右手の親指だけでタイピングしている為、殆ど出番はありそうにありません。やはりiPad で本領を発揮してくれると思います。

ワイヤレスレシーバーといいこのキーボードもBluetooth のおかげで余計なコードが無くなり使ってみると総じてワイヤレスの恩恵を感じ便利かも。

早くiPad2 発売されないかしらん。

カテゴリー: iPad, iPhone タグ:

Super Bowl XLV Greenbay Packers beats Pittsburgh Steelers.

2011 年 2 月 8 日 コメントはありません

2011/2/7

毎年恒例のSuper Bowl休暇(もちろんそんなもんは存在しませんが)を取得し自宅で観戦です。

試合内容の詳細はこちらをどうぞ。

今年も残り 2 min warning まで勝敗の行方が分からない展開にあたふたしたりオロオロしたりと見ている方には結構忙しかったゲーム内容となりました。近年のSuperbowlは接戦が多く楽しめますね。

結果はご存知のようにGBに勝利の女神様が降臨した格好となりました。レギュラーシーズン終盤からの勢いをそのままSuperbowlまで持続して頂点を掴みました。

Stat 的には攻撃時間、獲得ヤード、Rushing yardsなどPassing yards以外はすべてPITが上回る成績を残したにもかかわらず負けたのはひとえに3つのTurnoverにほかなりません。大舞台で一番してはいけないことをやってしまったSteelersが自滅した格好となってしまいましたね。

Greenbayも結構投げミスや撮り損ねがあったのですが、やはり最初のインターセプトタッチダウンが効いたかな。一気に14点差で前半の流れを持って行かれました。2つ目のパスインターセプションもタッチダウンにつながり前半で21-3はもう勝負あった感あり、このまま一方的な試合になるかなと思ったところ、後半は見事にAdjustして流れを流れを引き戻してさすがPittsburghの底力をを見せてくれ、6点差を試合終了間際にTDで逆転して7度目のSuperbowl チャンピオンとなるシナリオは誰もが2年前のArizona CardinalsとのSuperbowlを思い浮かべたことだと思います。自分もまた奇跡を見られるかなと思ったのですが二匹目のどじょうはいませんでした。

試合自体はSteelersを応援していましたが、自分は戦前1TD差でGreenbayの勝利と予想。6点差。Point after touchdownを入れなければ本当に1TDなのでまあまあ行けているかなと自画自賛。

最後につぶやきを。

  • クリスティーナ・アギレラが国歌の歌詞を間違えたらしいが、全然わからなかった。当たり前か。
  • Matthewsに比べPolamaluは殆ど目立たなかったな。
  • 相変わらずDeion Sandersは態度悪いな。でも大好きなプレーヤーだった。
  • このままではWardは引退できないだろうな。
  • Steelersの最後のプレイの前はタイムアウト取るべきだったよな。
  • ハーフタイムショーは楽しめなかった。ガタイのよいお姉さんの筋肉だけ目立った。
  • タイトエンドのHeapは全く仕事をさせてもらえなかったな。
  • 前半終了間際のTDシリーズは9割5分はWardのおかげ。
  • Greenbay Packersのコーチ陣は本当に相手を分析して準備しているのがよくわかる。
  • 正直オードリーが羨ましい

これで2010-2011シーズンが終わりました。
個人的なトピックとしてはMichael Vickの本格的復活が全てでした。終盤は失速してしまいポストシーズンは残念な格好になってしまいましたが、来シーズンに期待しましょう。

さあ、これからは自転車レースシーズンの始まりです。 GP Costa degli Etruschiでは幸先良くLiquigasのVivianiが優勝。詳しい状況は分かってはいませんがSaganも4位に入ったことから期待大です。

カテゴリー: NFL タグ:

MTB デビュー

2011 年 1 月 18 日 コメントはありません

2011/1/15

トビー先生の初心者走行会に参加させてもらい遅ればせながらついにMTBデビューを果たしました。

2009年4月に手に入れてから街乗りでしか乗っていなかったので、嫌がおうにも期待感倍増です。

メンバーはかの大阪で一番品の良いとされている荒川さん、Ty-RapのS村さんとK玉さん、トビー塾長に自分の計5名。まずはS村さんとK玉さんにご挨拶。ご迷惑をおかけします。

集合場所から10分程度走って本日の練習場所である埼玉県のとあるお山のふもとに到着。

まずは周回コースを一周。トビー塾長の先導で進んでいきます。途中、注意するポイントなどを適宜アドバイスして頂き、進んでいきます。何度も足をついたり何度か(も)こけたりしましたが、ロードバイクと違い地面が土や木の葉の絨毯の為、致命的な怪我に至らず安心して(?)転べるところが良いですな。

当たり前ですが初めて走るコースの為、勝手が分からず、またそもそも山道を走るのも初めての為、難易度が高い場所では何度もスローダウン後、止まってしまい何度もお待たせしてしまう結果となり申し訳ない気持ちです。

でもって2周目は少しは危険ポイントも分かり1周目よりはスムースに進めたかもしれませんが、やはりどうしても止まってしまう鬼門はこの日最後まで攻略出来ず残念。

ロードバイクが走る場所と違いとにかく道が平坦でない事から気を抜くとすぐにこけてしまう為、バランス感覚が鍛えられます。これはロードバイクを乗る上でも非常に重要な要素。

MTBの特性上、いきなりトルクをかけるとタイヤが空転してしまう事も学びました。これは一定出力のペダリングが必要なことを意味します。その為、綺麗なペダリングが要求されます。この辺もロードバイクに活かせますね。

低くても山を登っているのでそれなりの負荷が掛かる事である程度の強度も保たれ心拍数も適度に上がる。荒川CRと違い基本的に風がない為、走りやすい。

MTBは最初の練習でハマるか嫌になってしまうか両極端のような気がしますが、自分は楽しさの一端を知ってしまいました。緩やかな下りのシングルトラック(と言うんですよね?)を下っていく時の爽快感はロードとはまた違った魅力があります。

当初、ロードバイクの練習の為と思っていましたが、これはこれでMTBの魅力にちょっとハマりそうです。

トビー塾長はあくまでも軸はMTBにあり、練習としてロードにも乗る。自分とは反対ですが、考え方は一緒。

途中、段差の超え方のレクチャーもしていただき、感謝です。了解をいただいたので動画をちろっと公開します。

これで一歩、Peter Saganに近づけたかな?(ボソッ)

ウインドブレーカーや小物の収納に後日、deuter のアドベンチャーライド8Lのデイバッグ購入しました。冬の間に少なくとももう1度山に行きたいッス。

MTBの扉を開けてくれたトビー、荒川さんありがとうございました。

カテゴリー: MTB, 練習 タグ:

NFL Play offs Wild Card #2

2011 年 1 月 13 日 コメントはありません

■ AFC
Kansas City Cheifs (KC) vs Baltimore Ravens (BAL)

この様な事をしては勝てませんという典型的な試合。実は今シーズンKCの試合を見るのは初めてにしてガッカリ。

せっかく3:00に起きて見たが、ゆっくり録画でもよかったような特に盛り上がりの無い試合に後半早々に気持ちは早くもPHI VS GB戦へ。

■ NFC
Philadelphia Eagles (PHI) vs Greenbay Packers(GB)

やって来ました。ついに我らがVick の登場に眠気も飛び、軽い興奮状態に。

焦点としてはOffense Line が相手のDefense を止め、仕事をさせないように出来るのか?クレイマシューズからVick を守るのにどの様な作戦を取るのか?

Vickの魅力を最大限に生かすべくどのようなPlaycallを考えているのか?

この試合、開始早々いきなりDecean Jackson が傷んだのがケチのつきはじめで、拙攻もいいところで、GBもFumbleをいくつかしてくれたにもかかわらず、最後まで主導権を握れず敗れてしまいました。

5点差と言えども結構、自分にはかなりの大差に感じました。Offense lineがVickを守れなかったのが、一番の敗因かな。パスがRogersの170YDに対して270YD獲得してもトータルなオフェンスの進め方としては差があるように思いました。

NFLの試合は始まる前に8割がた勝負がついているとの自分の持論通りGBが緻密に作戦を立て、それを粛々と遂行していった末の勝利で、この日のPHLは正直言ってまるでいいところが無かったように映りました。

GBがしっかり準備していたのが勝因ですね。

2年連続いい所でこけている責任はAndy Reed H/Cに及ぶと思われるのだが、どうなんだろう。H/C が変わったとしてもMichael Vick応援していきますよ。

カテゴリー: NFL タグ:

NFL Play offs Wild Card #1

2011 年 1 月 9 日 コメントはありません

ついにPlayoff シーズンに入りました。寝不足覚悟で見ますよ。今日はLive で2試合観戦。

■ AFC
Indianapolis Colts (IND) vs New York Jets (NYJ)

試合終了残り53秒の時点でVinatielliが50 ydsの逆転Filed Goalが決めた時、INDを応援していた人はホッと胸をなでおろしたに違いない。

『格下相手に手こずりはしたが、最後はさすが僕らのヒーローマニング君、最後にきっちりドライブを続け勝負を終わらせてくれたぜ。』と。

自分もやっと心拍数が落ち着き、これで決まったと思った。興味の的はVinatielliがインタビューでどの様な事を言うだろかということに移った。

ところが、勝負は下駄を履くまで分からないとはよく言ったもので、NYJは決して諦めていなかった。特にLex Ryanにとっては去年の屈辱を果たすべくペイトンを下すことが目標に1年間やってきたわけで、おいそれとは諦めるわけにはいかなかった。そんな彼の執念が実って最後の最後に大逆転劇に結びついた。

INDファンにとっては後は悪夢のような53秒であったに違いない。解説の松本さんはフィールドキック後のキックオフを普通に蹴ったことを疑問に思ったようですが、INDチームにもそこまでの危機感がなかったのだろうと想像されます。

Wild CardをくぐりぬけたNYJですが6シードである為、次の対戦相手はNew England Patriots。レギュラーシーズンにぼろ負けしている相手だけに勝つのは難しいでしょうね。

ちょろっと疑問に思ったことを。

  1. 何故、Lex RyanはVinatielliのフィールドキックの時に『嫌がらせタイムアウト』を取らなかったのだろう。
  2. 後半INDの最後のタイムアウトは本当に必要だったのだろうか?あれは逆にNYJに考える時間を与える格好の材料になったように思う。

■ NFC
Seattle Seahawks (SEA) vs New Orleans Saints (NO) 

SEAが勝った勝因としては負け越してPlayoffに出てきた割りには地区優勝だった為、ホームアドバンテージで地元で戦えたことに尽きると思います。「12人目の選手」ってやつかな。

New orleansで見ていたファンは歯がゆかったことでしょう。僕もギリギリして見ていました。

このPlay off 最大のUpsetな試合かもしれません。

次戦はPhiladelphia Eaglesが勝ち上がってくるのでVickにギャフンと言わせてもらいましょう。ってかなり偏った意見だな。

カテゴリー: NFL タグ:

2011年始動

2011 年 1 月 4 日 コメントはありません

2011/1/3

始動なんて書くと偉そうだが、年末年始で肥えた脂肪を取り除こうというのが趣旨でして。

自宅から彩湖で何周か周回して午前中に戻る予定。11時少し前に彩湖に到着。この日新城くんが11時に来ることはtwitter 等で知っていましたが、単独で何周か周回して橋でなるしまな方たちに付かせてもらい1周半したところで今日は終了。本日の走行距離78kmでした。

新城くんはチラッと見かけた程度です。恐ろしいほどの大集団でした。

■ スプロケット
去年、沖縄前に11-23を取付けましたが、実際貧脚の自分は50-11を使うことは殆ど無く、それであれば25の保険を担保したほうが良いかなと思う今日この頃。もう少し様子をみます。

今年は去年より距離を稼ごうと思います。

カテゴリー: 練習 タグ:

2011年の予定

2011 年 1 月 2 日 コメントはありません

2011年の予定なんぞを書き記してみようと思います。

  • JCRC 川越(3/13)
    ohtsuka_Kさんと 2008年のリベンジとして参加します。思い起こせばmihoko_oさんに初めて会ったのもこの大会でした。自分のふがいない走りとは別次元の走りで毎週回応援していました。
  • ツールド八ヶ岳(微妙)
    苦手なヒルクライムですが、ある条件が整えば参加したいと思います。
  • ツールド北海道(9/17?)
    帰省を兼ねて参加できれば良いのですが・・・ちょっと微妙かも。
  • アートスポーツ杯100Km in群馬CSC兼JCRC第9戦(10/16)
    おきなわの前に一度レース慣れしておこうと思います。Xクラスですね。
  • ツールドおきなわ(11/13)
    1年で一番の目標。何が何でもこれだけは外せません。
    シニア50kmでなんとか50位以内に入りたい。もしくは100kmか?
  •  JCRC NATS (12/11)
    チームイベント(と勝手に思っている)で。とても楽しいので。

どれだけ出られるか分かりませんが、沖縄に向けて追い込んでいきたいと思います。

カテゴリー: レース タグ:

沖縄南部一周サイクリング

2010 年 12 月 24 日 コメントはありません

2010/11/16 (Tue)

今更じろう的な話題と知りつつも、サイクリングの詳細をちょろっと書き記したいと思います。

宿泊したホテルは朝食が自慢ということでしたがイマイチで朝から若干気分が下げ下げになったり。今日はTeam KIDSのりつ子さんから教わった南部一周コースをサイクリング。さっそく着替えて出発します。

出ると、ポツポツと雨が。今日の予報は1日中曇りの為、大丈夫だろうとそのまま出発。途中、すごい名前の湖にびっくりしながらも先を進みます。

続きを読む…