ホーム > レース > ツールド北海道 市民クリテリウム

ツールド北海道 市民クリテリウム

2010/9/20 (Mon)

去年は見ていただけの札幌モエレ沼公園で開催されるクリテリウムレースに参加しました。

10時過ぎに着くとすでにチャンピオンクラスのレースはすでに始まっており、何人かの逃げが形成されていますが、集団はそれほど一生懸命追っている風ではありません。まずは受付だけ済ませ、ゆっくり見ようと思います。

さっさか受付を済ませて駐車場に戻ってくると、3台横がE藤君でした。前日、ブレーキシュー交換に2mmのアーレンキーが必要とtwitter でつぶやいていたので、お渡しします。優勝のお役にたてたかな?


レースは清水都貴君が総合優勝。アンカーチーム大喜びの図。


2009 ツールド沖縄チャンピオンクラス&市民女子年代別優勝者の図

コースを試走しているとブリジストンアンカーチームを発見。ミーハーmajo さんは伊丹選手とツーショット写真で大はしゃぎ。チーム関係者の女性の方からポストカードもいただきサインand握手で至極ご満悦状態。どんだけミーハーなんだよ。


少し進むとJ Sportsの解説でおなじみの栗村監督を見つけました。写真をお願いすると選手を呼ぼうとしたので、監督と撮りたい旨を伝えたところ、「僕で良いんですか?」「もちろん監督と是非」とのやり取りの後、撮っていただきました。

僕の栗村監督の好きなエピソードを。
オランダでのプロ時代、練習後、帰宅途中にママさんバレーの集団とおぼしきおばちゃん軍団がトレインを組んで軽く抜かれた。その時は半分、ハンガーノック気味だったと言い訳をするあたり人柄が出ていますよね。大好きです。今中さんの解説はちょっと松岡修三さんっぽくちょっと、ちょっとちょっとちょっとですが、栗村さんの解説はわかりやすく的確です。


さあ、いよいよmajo さんの出走時間が迫ってきました。Mクラス、男子中学生と一緒のスタート。スタートから100m弱ビデオを撮り終えた直後、ヨロッヨロッと落車するmajo さん。リスタートできるかなと近寄ってみると立ち上がれない様子。すぐにコースに入って自転車をどかし、救護テントまで連れて行きます。左手首を強打しており痛そうですが、興奮しているためあまり深刻な状態とは思えませんでしたが、まさか骨折しているとはこの時は思いもしませんでした。

救護されている最中、レースに出場していたファントムハイパワーのT田さんが心配してレースを止めて駆けつけてくれました。自分の目の前で落車したのを見て心配でいてもたってもいられなかったとの事で、大変迷惑をおかけしてしまいました。

次に自分のスタートが迫ってきますが、majoさんの落車があったので何となく落ち着かず、ふわっとした気持ちでスタート。レースは8周回で1ラップされましたが、今回のルールでは下ろされることなく最後まで(7周回)走らせて貰いました。

38位 / 43人出走中

majoさんの落車騒ぎのバタバタでヨヨマンさんの2位、E藤君の優勝の表彰式を見られず、急いで帰って救急病院に駆けつけました。頭の方はLAS SQUALLO が割れて守ってくれましたが、念のため、脳神経外科で見てもらいましたが、異常なし。

痛みがある左手首はレントゲンの結果、骨折と判明。手術をするかどうかは東京に戻って、医師と相談して決めてくださいとのこと。

そんな訳で急遽、majoさんのみ翌日帰京することになりました。

今回、中学生に突っ込まれて落車となりましたが、majoさんの当日のレースに対する態度にも多少ならずとも問題がありました。

残念ながら今年の沖縄はmajoさんはDNSとなってしまいましたが、その分、沖縄では自分がしっかり食べようと思います。もといしっかり走ろうと思います。

カテゴリー: レース タグ: ,
  1. 2010 年 9 月 30 日 00:16 | #1

    おつかれさまでした。
    弱気な姿勢やスキルにも問題があったかも知れませんが、ご本人の気持ちが一番落ち込んでいる事でしょうし、勇気づけてあげて下さい。事故がきっかけになって自転車がキライになってしまう人も見ていますので。折角の趣味ですから、あまりがんばらず、楽しく苦しめる範囲が良いと思いますよ。続ける事が大事ですから。
    自転車は楽しく乗るもんです!レースは勝つ為に出るもんです!そこを忘れずにいないといけませんね。

  2. 2010 年 9 月 30 日 08:32 | #2

    > MakotoAsakura さん
    身内なのでちょっと厳しい意見になってしまったかもしれません。
    僕も去年、肩の骨折騒ぎの際には多少なりとも落ち込みました。
    優しくはしていましたが、勇気づける行為は足りなかったかも。
    ちょっと反省(>_<)

  1. トラックバックはまだありません。