アーカイブ

2011 年 2 月 のアーカイブ

Bluetooth Wireless keyboard

2011 年 2 月 14 日 コメントはありません

ELECOMから発売されているBluetooth キーボードを購入してみました。
キーボードフェッチとしては初のBluetooth キーボードをテストしないわけにはいきません。その名もELECOM TK-FBP013EWH。名前の中のEはEnglishのEでいつも使用している英字配列を選択することができます。

詳細はこちら

ヨドバシカメラ上野店でワゴンに乗っているところを見つけ、定価8400円が確か5600円前後の投げ売り状態。であればとAmazon調べてみると3750円で売っています。

来るiPad2襲来に向けソフトキーボードは使いにくそうなので漠然と欲しいと思っていたところ、すでに新しい後継機は発表されていますが、特に現行商品でも問題ないため即1-click go。

まだiPad2の現物はないのでiPhoneにつないでテストします。

ペアリングは裏面にあるON/OFFボタンをON側にし、CONNECTボタンを押し、画面に表示されるパスワードを打ち込むだけ。

すでに接続しているワイヤレスオーディオレシーバーの下に表示されました。驚くほど簡単です。

日本語と英語の切り替えはそれぞれスペースキーの横の英数キーとかなキーで行います。

■使用感
キートップの質感の無さは望むべくもありませんが、せっかくの英語キーボードなのに右のShiftキーが小さくなってしまい、押しづらいのは残念ポイントです。また、変換候補が表示された際、Tabで移動できると良いのですが必ず変換キーに割り当てられているスペースキーを打たなくてはいけないのもちょっとなーと思ったのですが、これはどちらかというとOS側の問題かな。

自分は手が比較的大きいのでiPhone では右手の親指だけでタイピングしている為、殆ど出番はありそうにありません。やはりiPad で本領を発揮してくれると思います。

ワイヤレスレシーバーといいこのキーボードもBluetooth のおかげで余計なコードが無くなり使ってみると総じてワイヤレスの恩恵を感じ便利かも。

早くiPad2 発売されないかしらん。

カテゴリー: iPad, iPhone タグ:

Super Bowl XLV Greenbay Packers beats Pittsburgh Steelers.

2011 年 2 月 8 日 コメントはありません

2011/2/7

毎年恒例のSuper Bowl休暇(もちろんそんなもんは存在しませんが)を取得し自宅で観戦です。

試合内容の詳細はこちらをどうぞ。

今年も残り 2 min warning まで勝敗の行方が分からない展開にあたふたしたりオロオロしたりと見ている方には結構忙しかったゲーム内容となりました。近年のSuperbowlは接戦が多く楽しめますね。

結果はご存知のようにGBに勝利の女神様が降臨した格好となりました。レギュラーシーズン終盤からの勢いをそのままSuperbowlまで持続して頂点を掴みました。

Stat 的には攻撃時間、獲得ヤード、Rushing yardsなどPassing yards以外はすべてPITが上回る成績を残したにもかかわらず負けたのはひとえに3つのTurnoverにほかなりません。大舞台で一番してはいけないことをやってしまったSteelersが自滅した格好となってしまいましたね。

Greenbayも結構投げミスや撮り損ねがあったのですが、やはり最初のインターセプトタッチダウンが効いたかな。一気に14点差で前半の流れを持って行かれました。2つ目のパスインターセプションもタッチダウンにつながり前半で21-3はもう勝負あった感あり、このまま一方的な試合になるかなと思ったところ、後半は見事にAdjustして流れを流れを引き戻してさすがPittsburghの底力をを見せてくれ、6点差を試合終了間際にTDで逆転して7度目のSuperbowl チャンピオンとなるシナリオは誰もが2年前のArizona CardinalsとのSuperbowlを思い浮かべたことだと思います。自分もまた奇跡を見られるかなと思ったのですが二匹目のどじょうはいませんでした。

試合自体はSteelersを応援していましたが、自分は戦前1TD差でGreenbayの勝利と予想。6点差。Point after touchdownを入れなければ本当に1TDなのでまあまあ行けているかなと自画自賛。

最後につぶやきを。

  • クリスティーナ・アギレラが国歌の歌詞を間違えたらしいが、全然わからなかった。当たり前か。
  • Matthewsに比べPolamaluは殆ど目立たなかったな。
  • 相変わらずDeion Sandersは態度悪いな。でも大好きなプレーヤーだった。
  • このままではWardは引退できないだろうな。
  • Steelersの最後のプレイの前はタイムアウト取るべきだったよな。
  • ハーフタイムショーは楽しめなかった。ガタイのよいお姉さんの筋肉だけ目立った。
  • タイトエンドのHeapは全く仕事をさせてもらえなかったな。
  • 前半終了間際のTDシリーズは9割5分はWardのおかげ。
  • Greenbay Packersのコーチ陣は本当に相手を分析して準備しているのがよくわかる。
  • 正直オードリーが羨ましい

これで2010-2011シーズンが終わりました。
個人的なトピックとしてはMichael Vickの本格的復活が全てでした。終盤は失速してしまいポストシーズンは残念な格好になってしまいましたが、来シーズンに期待しましょう。

さあ、これからは自転車レースシーズンの始まりです。 GP Costa degli Etruschiでは幸先良くLiquigasのVivianiが優勝。詳しい状況は分かってはいませんがSaganも4位に入ったことから期待大です。

カテゴリー: NFL タグ: